直接鑑定ご相談事例

樹門流占い的×お家騒動・絶縁関係・確執のカラクリ

二代目樹門幸宰

姓名判断 | 無料で姓名判断・結婚・恋愛相性の 魂ゆら占い 樹門幸宰
www.e-tamayura.com/

お家騒動はなぜ起こる?

樹門流占い的×お家騒動・絶縁関係・確執のカラクリ1
樹門流占い師の二代目樹門幸宰です。
世間を騒がせるニュース、その一つに『お家騒動』があげられるかもしれません。
記憶に新しいのは、今まで通りの会社の方針として家具販売を高級路線で進めるとした創業者と、かつての高級路線とは一線を画して、カジュアル路線を進めるとした創業者の長女が経営権を争った「大塚家具」があります。
そのような経営上の親子の確執や、または家庭内における兄弟姉妹の絶縁関係には、いったい全体、何かしらの法則があるとしたらどうでしょう。

それらにはもちろん、仕掛け=カラクリがあります。
そもそもこの疑問は個人教室に通われている生徒さんからで、とても興味深い内容と認識していたものを、今回は抜粋してブログ記事におこしたものです。

今日はお家騒動などの親族間の確執、その仕組みについて、一般的な姓名判断ではなく、あくまで“樹門流姓名判断”の見地からお話しいたします。

旧来の姓名判断、樹門流姓名判断の違い
一般的な姓名判断の概要
東洋占術。計算は名前からそれぞれの画数を算出。出した画数の和を運勢の判断基準として最重要視します。
一番重きを置くのは名前をすべて足した総合画数である総画で、例えば31画であれば人の上に立ち社会を動かす頭領運で特に男性であれば吉とされます。

樹門流姓名判断の概要
始祖樹門幸宰が発見した姓名判断法。旧来の姓名判断法とは、計算式は異なり、計算結果をバランスで判断して運勢を読み解きます。
そして、それらの運勢は隔世した祖父母と父母からの遺伝で成り立つことを仮説証明する姓名判断法です。“遺伝姓名学”ともカテゴライズできます。
遺伝姓名学とは、簡単にいうと、代によって良い時代と良くない時代を交互に興亡を繰り返します。また、そのような名前(運勢)が自然と付けられるようになっています。

確執の仕組み

樹門流占い的×お家騒動・絶縁関係・確執のカラクリ2
樹門流姓名判断にみる確執の仕組みは、大きく三つのパターンが挙げられるかと思います。
一つ、同じ運勢がもたらすケース。
一つ、相性の不一致がもたらすケース。
一つ、兄弟姉妹の順位の相違がもたらすケースです。

今日の意義として、これらを知り、知った上でその問題を深く考えることが大切だと考えます。アクションはその次の行動となります。
ちなみに大方は、お金がなければ基本的には争いは起きにくいもの、財産があるからこそ、いざこざが起こりやすくなるのは世界共通ルールのようなものです。人の性を感じざるを得ません。

では、先の三つのパターンを今一度、ひとつずつ説明します。

α(アルファ):同じ運勢がおこすパターン

名前を樹門流姓名判断すると、運勢のタイプ(運勢型)がわかり、そこから『運勢』を把握できます。なお、運勢とは、頭脳性、性格、人生模様、それらを総体したものです。

もしも家族内で同じ、または似たような運勢が家族の中にいると問題が生じます。
なぜなら同じ運勢が家族の中にいると望ましくない現象がさまざまな形で現れやすくなるからです。

互いに仲違いして遠ざける現象。
仲が良かったとしてもどちらかが大病を患うなど一緒には居られない現象。
長期単身赴任などで現実的に一緒には居られない現象などです。
運勢的観点からすると相克(そうこく)といって、意図して対立・敵対、図らずも対立する、互いが相手に打ち勝とうと争います。
この相克するパターンをα(アルファ)パターンと今回は呼ぶことにします。

運勢と運勢型とは?
運勢は“遺伝”で伝わります。
通常、遺伝とは髪の色、骨格などの肉体的な遺伝のことを指しますが、樹門流占術では精神的な遺伝の情報までも、父母、さらには祖父母から遺伝していると考えています。
祖父母が、または父母が為しえなかった想いを子や孫に託すかのように、“精神的な遺伝”をもって子孫の性格、そして運勢を形成します。
これを霊的な意味ではない“魂(精神的な遺伝子)”、「先祖の記憶」と言い換えられます。
その記憶とは何れも、生きる上で不都合と感じた悲しみや怒り、後悔などのマイナスの感情の記憶が、結果的に子や孫に伝わるようになっています。マイナスだったものをプラスに、その想いが子や孫の遺伝子にまで刻まれ、頭脳性、使命、目的、性格、人生と子や孫の運勢を形成します。
タテ型(別称:A型)や斜め型(別称:B型)のように、遺伝した運勢を的確にとらえた運勢の器の名称のようなものを「運勢型」と呼びます。それはみなさんの姓と名の名前から判断することができます。
それは個性であり、その個性が引き起こす人生そのものの種類をあらわしています。
「運勢型」が違えば、使命や人生の目的、性質、人生、運勢はすべて異なります。

β(ベータ):相性の不一致がもたらすパターン

姓名(運勢)の組み合わせで相性は生じます。
性格があう相手同士になることがあります。
その一方では、相性次第で性格が合わない疎遠な関係になりますし、それらの中間のほどほどに仲が良い相性も存在します。

β(ベータ)パターンとは、相性の不一致で性格が合わない相性です。
相性が不一致であっても社会性があれば、会社の同僚や学生時代の同級でもほどほどの関係を築くことができます。
ですが、遠慮をそれほど要しない家族間ではどうでしょう。性格は“地”でいけるため、相性の不一致は隠しきれるものではありません。
考え方の相違を生む、または一緒にいるだけで耐えられない、さらには生理的に一緒にいることも苦痛な間柄でさえも出てくると思います。
運勢型の組み合わせの一例として、自分が正しいと正当視する運勢(タテ型:A型)と自分が一番偉いと自負心が強い運勢(隔離型:H型)の場合は、相性が生じない犬猿の関係となります。このような相性不一致のパターンをβ(ベータ)と呼びましょう。このケースは目に見えて家族不和が起こりやすくなります。

γ(ガンマ):兄弟順位の相違のパターン

名前を姓名判断すると兄弟姉妹の生まれた順位なるものも分かります。
実際の戸籍と同じ順番はありますが、その戸籍とは兄妹順位が違うこともあります。
なぜなら誕生せずに“流れた”兄や姉もカウントされていることも、兄妹姉妹の順番があべこべになっている場合もあります。
詳細事項は極めて高い個人教室レベルの内容で、この概念・仕組みを『出生順位(しゅっせいじゅんい)』と呼びます。
この出生順位こそが樹門流占術の真骨頂で、他の占いには全くない完全オリジナルな占術内容です。運勢を握る重要なファクターとなります。
例えば、本当は末っ子に生まれるはずが長男や長女に生まれる、三姉妹がみな同じ出生順位になると、兄妹順位の悲劇になり相克が生まれます。この兄妹順位不一致がもたらす相克をγ(ガンマ)パターンとします。

今回取り上げた三つの要因。
これらの三つの要因をもとにしてお家騒動の原因を探っていきましょう。
もちろんこれは樹門流姓名判断だけがもたらす内容です。
ほかの占いには、どんな形で刺さっても通じることは皆無であります。
樹門流姓名判断を用いることで、初めて核心に迫られる事実に極めて近いという認識でお読みくださいませ。

ニュースを騒がせた実際のお家騒動

樹門流占い的×お家騒動・絶縁関係・確執のカラクリ3
具体例から上の三つのパターンを一つひとつ当てはめていきましょう。
読者の方もご納得される部分があることを期待しております。
それぞれ実際に見えたニュースから知り得た内容と、樹門流姓名判断の解釈を述べます。

大塚家具のお家騒動

ニュースの表面的内容
大塚家具は大塚勝久氏が1969年に創業。
高価格帯、会員制と独自の接客制の導入、需要をつかみ成長。
’00年代に業績が下がり、2009年に娘の久美子氏が社長に就任。
高価格路線からカジュアル路線に転換。業績改善に一定の効果をもたらしましたが、再び低迷。2014年久美子氏は解任、降格。その後、父の勝久氏が社長となりましたが業績は低迷。翌年、久美子氏の社長復帰をしてお家騒動がニュースで騒がれるようになりました。

樹門流姓名判断の解釈
創業者大塚勝久氏と娘の久美子氏は同じような運勢である、α(アルファ)パターンが主な理由で、相克の理由だと考えます。
実際の騒動内容としては、父と娘の確執よりも、父母兄妹と家族間の確執の方が問題は根深いとも言われています。家族は真っ二つに割れ、父・母・長男と、そして長女(久美子氏)・次女・次男・三女がグループに分かれて対立しているといわれているのです。それは占術的には頷ける話で、長男と次男は全く同じ運勢。父(創業者)と三女が全く同じ運勢であり、二つの陣営間で同じ運勢同士が対立している構図になります。

タニタのお家騒動

ニュースの表面的内容
1923年創業の大手計測器メーカー、タニタ。
創業者谷田五八士(いわじ)氏で、二代目は谷田大輔氏。その大輔氏の次男が、現三代目社長の谷田千里氏になります。
次男である現社長千里氏と、父・長男・三男の間で経営方針の転換を理由にお家騒動が勃発しているらしいのです。次男の千里氏が社長についてから三年以内に父・兄・弟が立て続けに退社しました。

樹門流姓名判断の解釈
α(アルファ)パターンとγ(ガンマ)パターンの複合がその理由かと思います。
まず、α(アルファ)パターンとは同じ運勢が相克しています。それが現社長とその兄である長男の関係です。
次にγ:ガンマパターンの兄弟順位の相違もあります。長男、次男、三男の間で相克がおき、みな自分が“長男”のポジションを争うようになります。
さらに別の視点も加えると長男と次男(現社長)の運勢は自分が一番偉いという運勢で、父を不要とする、父が不在となる運勢です。

長嶋茂雄氏と長嶋一茂氏の確執

ニュースの表面的内容
長嶋家のお家騒動の登場人物は、野球界のスーパースターで父である長嶋茂雄氏、その長男であるタレントの長嶋一茂氏、次女のタレントの長嶋三奈氏です。
長嶋家を仕切っていた茂雄氏の妻(母)が他界し、「長嶋茂雄」という商標登録を巡って、茂雄氏と三奈氏、そして一茂氏が対立。さらに長嶋ゆかりのグッズを一茂氏がコレクターに売却したことにより、さらに関係が悪化したと言われています。

樹門流姓名判断の解釈
長嶋茂雄氏、長男である長嶋一茂氏はα(アルファ)パターンに該当し、同じ運勢同士となります。また二人はともに「なぜ俺はこうなるんだろう」と後悔が千年続く、悲運を味わう運勢です。
さらにいえば、一茂氏と三奈氏の関係は兄弟順位の相違があるγ(ガンマ)パターンで、三奈氏が上の兄弟姉妹を運勢的に不要視する名前です。長嶋家の確執問題はこれらが複合したものと考えられます。

紳士服の「はるやま」のお家騒動

ニュースの表面的内容
紳士服大手、はるやまホールディングスが定時株主総会を前に揺れているようです。
創業家出身の大株主で、治山正史会長の実姉が、正史氏ら取締役三人の再任と1人の新任に反対する株主提案を出したためです。弟の経営手腕に異議を発したのは姉である岩渕典子氏です。その姉が会社の方針に危機感を感じ、数年に渡り、創業家同士の攻防を繰り広げていました。
2022年6月の総会で姉の主張は否決され、弟である正史氏が社長を継続することになりました。

樹門流姓名判断の解釈
会長の治山正史氏と姉の岩渕典子氏はβ(ベータ)パターンで、相性の不一致がもたらすものです。犬猿の仲ともいえるべき間柄になります。
性格は、治山正史氏は「自分が一番偉い」という立場、岩渕典子氏は「自分は正しい」という立場となります。また治山正史氏の運勢は上の人、父や姉などを不要視します。姉弟喧嘩に振り回される社員が気の毒になります。

ロッテ創業家の兄弟げんか

ニュースの表面的内容
「お口の恋人」で有名なロッテホールディングス。
創業者の重光武雄氏と長男宏之氏と、その次男昭夫氏が2010年代半ばに一族内で経営権をめぐる争いが勃発しました。
創業者武雄氏は、長男宏之氏に事業承継を進めていましたが、次男の昭夫氏はクーデターを起こします。さらには兄だけではなく創業者の父をも放逐、ロッテHDの経営権を奪取したのです。創業者である武雄氏は失意のうちになくなり、兄と弟はいまだに裁判で争っています。

樹門流姓名判断の解釈
創業者の重光武雄氏と次男昭夫氏はα(アルファ)パターンの同じ運勢が引き起こす相克です。ついで長男宏之氏と次男昭夫氏は相性の不一致がもたらすβ(ベータ)パターンと、兄弟順位の相違が引き起こすγ(ガンマ)パターンがみられます。次男重光昭夫氏の運勢は、長男相といって、長男の役割を果たす運勢です。そして性格が追い打ちをかけるように「自分が一番正しい」と全く反りがあわない性格です。よってこの確執は必然といえるでしょう。
ようするに確執する三つすべてのパターンが組み込まれたお家騒動となります。

元貴乃花親方と家族の確執

ニュースの表面的内容
いくつもの歯車の違いから、長男優一氏の勘当、妻河野景子氏との離婚。また以前より実母の藤田紀子氏や兄の虎上氏とも絶縁状態です。
一見して貴乃花氏は孤立無援のように見えます。一人で歯を食いしばって必死に倒れまいと必死に立ち続けているようにも見えます。

樹門流姓名判断の解釈
これまでのパターンとは毛色が違います。
まず目立つのは、貴乃花氏の本名「花田光司」氏の運勢です。
とても天真爛漫、素直だけれども、わがままでエゴイズム。そして誰よりも孤独を嫌うという性格があります。
また、現在のタレント名「貴乃花光司」氏の性格は束縛が嫌い、干渉されるのが嫌い、そして運勢は波乱性に富むようになっています。
そこに貴乃花氏の現実を重ねるとやはり虚無感・悲哀感を感じざるをえません。
相性の不一致がもたらすβ(ベータ)パターンにも見えますが、やはり貴乃花氏自身の運勢が波乱を呼ぶ、ある意味、“ひとり相撲”の方が大きいかもしれません。

相克のその後に

樹門流占い的×お家騒動・絶縁関係・確執のカラクリ4
当事者たちは残念ながら、お家騒動、絶縁、確執が起きた後、そして解決してもなお、いつまでも虚しさは去来することでしょう。
もし事前に当姓名判断を介在できたのであれば、話が変わる可能性があったかもしれませんし、コトの顛末(てんまつ)が変わったかもしれません。

もちろんそれはやってみないとわかりません。
どうしてもイフ(IF)が付きまといますが、このように誰かが介在することによって、程度の差はあるけれども、歴史はプラスにもマイナスにも変わっていくものだと信じています。
ご縁があればお待ちしております。


【定期的に占いの内容を知りたい:メルマガ魂ゆら占い】https://archive.mag2.com/0000260574
【ホームページで占いを完結したい:魂ゆら占い】https://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受けたい:美シク生キル姓名判断】https://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。答えられる範囲であればいつでもご質問お待ちしております。またご感想もいただけると嬉しいです。
お問い合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA