1. 占術の紹介
  2. 二代目樹門幸宰について

二代目樹門幸宰について

二代目樹門幸宰

ごあいさつ

占い師外崎克浩

はじめまして、二代目樹門幸宰こと、外崎克浩です。 2017年1月をもって二代目樹門幸宰を襲名いたしました。 樹門式占術では、「この原因」があるから「この結果」になる という自然の法則に基づいて運勢を解きます。

ですので、「この姓名を名乗れば結果はこうなる」ということだけではなく、 「この天命があってこの姓名が付いた」ということまでも知る事ができます。

加えて、「家は三代を周期にして興隆と衰退を繰り返す」という考えを もとに、個人の一生涯にわたる運勢と、祖父母の代から孫の代までの 家系の流れを読み解くことができる唯一の占術なのです。

プロフィール

1976年、青森県生まれ。 創始者である始祖樹門(幸宰)は実父。

始祖樹門幸宰の処女本「姓殺剣」を小学生の時に読破して、初めて占いの世界に目覚める。

IT系会社を経て、2004年に発売の「姓名の暗号」ベストセラー化に伴い、連動企画としてホームページ「魂ゆら占い」の立ち上げに参加。樹門流占術に再感銘し、本格的に占い師の道を歩むことになる。 その後、魂ゆら占い、運勢の相談室、アプリ、ブログ、FaceBookページなど、様々なウェブサービスを立ち上げる。(最近の出来事としてはGoogleやYahoo!でキーワード検索で「姓名判断」で2位を獲得)

また、2006年に後継者として、占い師活動を開始して、十数年のキャリアを有する。ワンツーマンによる姓名判断個人教室も開催する。丁寧・親身な直接鑑定や教室指導には定評がある。

直接鑑定をご検討されている方はこちらのサイトへ