1. 占術の紹介
  2. 名前はこう解く!

名前はこう解く!

樹門幸宰が様々な事件や著名人を姓名学的な見地から解説する連載コラムです。

占い図書館テーマ一覧へ

前の記事へ

No.42 セクハラやじ発言 都議会議員を解く! 樹門幸宰による解説

姓名判断:セクハラやじ発言 都議会議員を解く!
① 隔世遺伝
父方の祖父からの遺伝 母方の祖母からの遺伝
中順序型 ヨコ系 一差 ヨコ型 一差
② 直接遺伝
父からの遺伝 母からの遺伝

<影左型> 選択肢運

<受セ型> 流転豹変運

<受性型> 執念怨念運

<菱型> 七難八苦運

<後先型> 後期先徳運

<受先型> 七難八苦運

No.42 セクハラやじ発言 都議会議員を解く! 樹門幸宰による解説

初めて「名前はこう解く」をお読みの方はお読みください。

姓名に潜んだ暗号は祖父母代で発生した隔世遺伝による因果関係である基礎運と 父母代から直接遺伝した影響運で読み解きます。

一般的に「遺伝」というと肉体的な特徴や体質的なものを思い浮かべることでしょうが、遺伝するのは身体的なものだけではありません。 記憶も遺伝するのです。

続きを読む

姓名に潜んだ暗号は祖父母代で発生した隔世遺伝による因果関係である基礎運と 父母代から直接遺伝した影響運で読み解きます。

一般的に「遺伝」というと肉体的な特徴や体質的なものを思い浮かべることでしょうが、遺伝するのは身体的なものだけではありません。 記憶も遺伝するのです。

悔しい、悲しいといった負の感情は、いつまでも消える事なく記憶に残り、魂に深い傷をつけます。 この負の感情、つまりは無念な思いは直接遺伝で子に伝わり、さらに強い思いとなって孫の代へと隔世遺伝し、何とか思いを晴らそうとします。

この隔世遺伝した無念な思いを読み解いたのが基礎運です。そして、基礎運からは戸籍上にはない子供の数まで含んだ、 真の出生順位までもを読み解く事ができます。

基礎運を例に挙げると、生数は同性親系(男性なら父方の祖父、女性なら母方の祖母)、 和数は異性親系(女性なら父方の祖父、男性なら母方の祖母)からの遺伝によるもので、運勢は和数、つまりは異性親系の影響を強く受けます。

なぜなら、祖父母、父母と二代続けて果たせなかった思いを隔世遺伝した孫の代では性を変える事でなんとか成就しようとするからです。

そして、人は父母の感情の記憶も直接遺伝で受け取っています。これが影響運です。 影響運も基礎運同様、生数は同性親系(男性であれば父、女性であれば母) 和数は異性親系(男性であれば母、女性であれば父)からの遺伝によるもので、和数の方の影響が強く出ます。

この占いは因果応報について語っていますが、宗教とは何ら関係がありません。 原因があって結果を生じることを因果応報といいますが、この方法で解く占いは世界広しと言えど、当占聖学だけです。

先日、東京都議会での一般質問で、みんなの党女性議員が 『妊娠、出産期の女性への支援』について都の取り組みをただしている中、 ほかの議員から「自分が早く結婚したほうがいい」、「産めないのか」などとヤジを受けました。

マスコミやメディアもその時代錯誤的な発言に過敏に反応し、ついには自民党の鈴木議員がヤジを認め、 女性議員と面会し謝罪に至りました。(なお、ヤジは複数の議員からという話でもあります。)
彼はどんな人物なのか、姓名から読み解いてみましょう。

私がこれからお話しすることは、純粋な姓名判断で読み解いたものであることをご承知おきください。

彼の姓名の基礎運和数「ヨコ型」(一差)生数「中順序型」(ヨコ系・一差)で、 「魂の出生順位」3子系次男相です。

彼は、父母の代から婦の系譜に入った家系の二代目です。
家は三代栄えては三代衰退するという『家三代の興亡』という大原則がありますが、 その法則からすると本人の50歳代から、婦の系譜の三代目となる子供の代をからんで家が絶える事となります。

また、婦の系譜の代表的な運勢型で、女性によって支えられる家となります。
曽祖父母の代までは家柄がよかったために男性の存在が希薄になり、 女性が家を継いできた家系で、婿養子が入って継承された家系ともみます。
いずれにせよ、死別や離婚など父親が不在であったり、 立場が弱かったり、単身赴任で家にいないなど、女性の手によって支えられてきた家なのです。

母方と父方の祖父母代では自分たちのエゴを優先し、夫婦同士が仲違いし和合せずに人格を潰しあい、 夫婦間での葛藤が長く続いた家です。
同時に、祖父母が自分のエゴイズムを優先させ、そこにいた子供(本人から見た両親)を泣かせた経緯があります。
その因縁は、隔世遺伝した孫の代が浄化しなければならず、人生は苦難や悲しみの多いものとなります。

自分自身に問題がなく、また、自分で不運を乗り切ろうとしても次から次へと不幸がやってきます。
環境、条件が人生に味方してくれるということは皆無で、むしろ過酷な試練を与えるばかりです。
耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍んで生きる人生で、神も仏もないといった心情にもなるでしょう。
そして何よりも愛情面での苦渋を強いられ、親や配偶者、子供のいずれかで泣く宿命といえます。
弱い者を守る力が家庭にないか、あるいはしっかりしすぎて他を圧倒してしまう存在となり、円満な家庭とはいかないようです。

しかしながら、苦難続きの人生でも乗り越えることができる忍耐力と、大変優秀な頭脳を持っています。

どの運勢型の人にも長所と短所がありますが、彼の運勢のキーワードは“記憶力”です。
その抜群の記憶力は彼にとって大きな長所であり、同時に短所でもあります。

記憶力の良さはぴかイチで、一連の印象深いやりとりはもちろんの事、 自分が不快な思いをした出来事は、一生涯その内容を忘れる事がありません。
そして、ただ覚えているにとどまらず、何年経とうが、 その時の状況をまるで数分前の事のように頭の中で鮮明に再現することが可能です。
それほど、他の誰よりも記憶力が優れているのです。
物事の思考法は常に過去と現在との対比で、そこから答えを導き出します。
なぜなら過去、つまりは自身の記憶にインプットされている情報をことさら宝物のように大切にする頭脳でもあるからです。

さらには、父母代からの直接遺伝による影響運(菱型)が彼の運勢の特徴を決定付けています。
彼が誕生した時、両親の夫婦関係は最も険悪で家庭は安らげる場所でなかった経緯があります。
両親は自分たちの事を優先し、その結果として彼を顧みず、あまつさえ彼の出生さえ素直に喜ばなかったという状況が伺えます。
これが因果応報となって、本人の運勢を苦しめます。

先に記憶力の良さは大きな長所であると申し上げましたが、裏を返せば物事にこだわる性向があるとも言えます。
それが良く出れば知識豊富な教養人となりますが、悪くすると過去の記憶に囚われるマイナス思考の人となります。
そして、歳を取れば取るほど、記憶力が良すぎるあまりに悶々とする日々が多くなっていきます。
そして、自分の悩みを誰も理解してくれないという苦しみに常時支配され、 家族がいても常に孤独を感じざるを得ない精神状態となります。
このような運勢が発動するのは50歳からです。

まさに今回の事件を契機として、彼の運勢は大きく舵を切り、愛情が欠落していき、 孤独に苛まれる運勢になっていってしまうような気がしています。
世の中は“家は三代の興亡”という大原則があって、家は興隆してから丸三代で没落するようになっているのです。

今回の事件は海外のメディアにも取り上げられています。
少子高齢化という時代で合計特殊出生率1.43人から2030年までに2.07人とする政府目標が掲げられたばかりに起きた今回の事件。

日本は長い間男性社会で、ある程度かの年齢になった女性は結婚して家庭に入り、 子供を産み、育てるのが当然と考えられて来たように感じます。
ですが、時代の流れは既婚、未婚問わず女性が社会で活躍できる基盤を作ろうという方向にむかっています。
そのうえで少子高齢化に歯止めをかけようという議論がなされていたはずです。
彼の心ない発言は、彼の中にあった “日本の古い体質の記憶”が表面化したものではないでしょうか。
長所となるべき記憶力がマイナスの方向に働き、 まさに時代錯誤としか言いようのない情報に囚われた結果と言わざるを得ないでしょう。

彼の良い面を申し上げると、自分の意向に沿う人と出会えばものすごく優しく心穏やかに接する人です。
その部分に接して知っている人、例えば、ご家族や知人の方たちからすれば、 「なぜ?とても良い人なのにこんな事態になってしまったのか」というのが今回の出来事における素直な心境だと思います。
運勢に翻弄された結果とはいえ、とても残念です。

女性社会進出の先進国であるスウェーデンの専業主婦の比率は僅か2%だそうです。
日本においてここまで意識改革が進むのはまだ先、長い道のりであるような気がします。
(執筆日2014.6.24)

占い図書館テーマ一覧へ

前の記事へ