1. 占術の紹介
  2. 名前はこう解く!

名前はこう解く!

樹門幸宰が様々な事件や著名人を姓名学的な見地から解説する連載コラムです。

占い図書館テーマ一覧へ

前の記事へ

次の記事へ

No.18 稲取温泉観光協会 渡邊法子氏 の解説と鑑定結果

姓名判断:稲取温泉観光協会 渡邊法子氏
① 隔世遺伝
母方の祖母からの遺伝 父方の祖父からの遺伝
中二差型 斜め系 中二差型 斜め系
② 直接遺伝
母からの遺伝 父からの遺伝

<前後型> 行き詰まり運

<受セ型> 流転豹変運

<受先型> 七難八苦運

<影右型> せっかち運

<前先型> 先徳運

<後行運> 意図実行運

<受セ型> 流転豹変運

稲取温泉観光協会 事務局長「渡邊法子」 樹門幸宰による解説

初めて「名前はこう解く」をお読みの方はお読みください。

姓名に潜んだ暗号は祖父母代で発生した隔世遺伝による因果関係である基礎運と 父母代から直接遺伝した影響運で読み解きます。

一般的に「遺伝」というと肉体的な特徴や体質的なものを思い浮かべることでしょうが、遺伝するのは身体的なものだけではありません。 記憶も遺伝するのです。

続きを読む

姓名に潜んだ暗号は祖父母代で発生した隔世遺伝による因果関係である基礎運と 父母代から直接遺伝した影響運で読み解きます。

一般的に「遺伝」というと肉体的な特徴や体質的なものを思い浮かべることでしょうが、遺伝するのは身体的なものだけではありません。 記憶も遺伝するのです。

悔しい、悲しいといった負の感情は、いつまでも消える事なく記憶に残り、魂に深い傷をつけます。 この負の感情、つまりは無念な思いは直接遺伝で子に伝わり、さらに強い思いとなって孫の代へと隔世遺伝し、何とか思いを晴らそうとします。

この隔世遺伝した無念な思いを読み解いたのが基礎運です。そして、基礎運からは戸籍上にはない子供の数まで含んだ、 真の出生順位までもを読み解く事ができます。

基礎運を例に挙げると、生数は同性親系(男性なら父方の祖父、女性なら母方の祖母)、 和数は異性親系(女性なら父方の祖父、男性なら母方の祖母)からの遺伝によるもので、運勢は和数、つまりは異性親系の影響を強く受けます。

なぜなら、祖父母、父母と二代続けて果たせなかった思いを隔世遺伝した孫の代では性を変える事でなんとか成就しようとするからです。

そして、人は父母の感情の記憶も直接遺伝で受け取っています。これが影響運です。 影響運も基礎運同様、生数は同性親系(男性であれば父、女性であれば母) 和数は異性親系(男性であれば母、女性であれば父)からの遺伝によるもので、和数の方の影響が強く出ます。

この占いは因果応報について語っていますが、宗教とは何ら関係がありません。

静岡県の稲取温泉観光協会が破格の待遇で全国公募し、話題を呼んだ事務局長のポストには団塊の世代を中心に1,300人近い応募があったそうです。 そして、その中から選ばれたのが、3人のお子さんを持つ46歳の女性、渡邊法子さんです。

まず、私がこれからお話しする事は純粋な姓名判断で読み解いたものであることをご承知おきください。

渡邊さんの姓名の基礎運和数生数共に「中二差型」(斜め系)です。
「中二差型」にはタテ系と斜め系があり、タテ系であれば死別、斜め系であれば生別とどちらの場合でも曾祖父母代が配偶者と別離している、という経緯があります。夫婦縁が脆弱な流れにある家系で、 愛情的に困窮したことを表し、「斜め系の中二差型」の場合には、自分のエゴイズムを優先しての別れと読み解くことができます。

祖父母の兄姉は別れた配偶者との間の子どもであったために家を継ぐことができず、この排斥された兄姉の怨みが、 兄姉を差し置いて家を継いだ祖父母の孫の代にあらわれ、舞い込む困難や苦難を乗り越えなければいけない使命を持つ「中二差型」が誕生します。

家系的には男権、父権のない家で、婦の系譜三代目にあたります。「魂の出生順位」3子系三男三女相ですが、この型の人の祖父母の代で兄姉を排斥した因縁があるため、二番目までの姉が流産や死別している場合が多く、実質的な長女相となります。
また、姉は生きていても、淘汰される運命にあるため、統計的に事故にあう確率が高いようです。

この型の人は、家が一番困難な時期に生まれ、宿る因縁を清算するために、波乱万丈な人生を歩むことになります。
少しうまくいったと思うとまたもや困難にぶつかるというように、試練と忍耐の連続となり、穏やかな生活は望めません。

愛情面や金銭面での苦労も多く、この運勢型を持つ人の大半は次々とやってくる困難に打ち勝てず、次第に困難から逃げる癖がついてしまうようです。しかしながら、それに耐えいろいろな人生経験を積むことで、 器の大きな人物となり、まれに大成功を収める人もおり、人相学的に丸顔、又は四角顔であれば成功率が高くなります。

また、善行を積む、ボランティア活動などをして多くの人々に喜びを与えるなど、因縁の浄化に務めると次世代は子孫性に恵まれ、 その中の子供の一人が栄え、家の初代運となります。

次に影響運を見てみましょう。
渡邊さんの姓名の構成を見ると、父違い、母違いの姉が一人ずついるということが現れています。
つまりは、基礎運は三男三女相である「中二差型」ですが、魂の出生順位は6子系四女相ということになります。

また、本質的な部分を解くと、勤勉な忠実型で、心身ともにパワフルな芯の強い女性です。
人生をより効果的に生きようという気持ちが強く、計画を立ててその通りに実行しようと努力し、 28歳以降、社会的に独立した頃から行動にツキ運が加わり、計画したことが次々と実行できるようになります。
そして、先祖が積んだ徳分により、生涯に6回、はっきりと自覚できるツキに恵まれます。これを大切に活かしきった場合には、社会的な成功をおさめることができますが、家族の中に同じ姓名の構成になっている人がいた場合には上位者から悲運に見舞われる相がついています。

また、予定を立てるということは、優先順位の第一に自分を置くということでもあります。つまりは自らのエゴを優先する、ということで、客観性や柔軟性に欠け、周囲の環境や条件を考慮しない傾向があるようです。ひとつの事に一心に取り組む執着心を持つため、 仕事が出来ることは確かなのですが、仕事を成し遂げるという目的を果たすことばかりに懸命になり、 家庭や周囲の人たちをおろそかにするようなことがあると行き詰ってしまいます。

「渡邊」という姓の方々にも、何度かお話した「姓」につくせっかちな運勢型がついています。
IQが高く優秀で、思い立ったらすぐに行動しなければ済まないという面があり、吉と出れば素晴らしい栄誉を勝ち取りますが、 一旦歯車が狂うとひんしゅくを買う事にもなりますので気をつけると良いでしょう。

これは全ての方に言える事ですが、子供や孫の代のことを考えると、自身の成功ばかりを喜んではいられません。
自我や煩悩を抑え、謙虚な姿勢で生きることが大切です。

占い図書館テーマ一覧へ

前の記事へ

次の記事へ