1. 占術の紹介
  2. 名前はこう解く!

名前はこう解く!

樹門幸宰が様々な事件や著名人を姓名学的な見地から解説する連載コラムです。

占い図書館テーマ一覧へ

次の記事へ

No.01 秋田児童事件 容疑者の解説と鑑定結果

姓名判断:秋田児童事件容疑者
① 隔世遺伝
母方の祖母からの遺伝 父方の祖父からの遺伝
中順序型 上下系 二差 上下型 二差
② 直接遺伝
母からの遺伝 父からの遺伝

<影上下型> 愛の衝撃運

<前性型> 勝手わがまま運

<能愛型> 愛慕離別運

<受セ型> 流転豹変運

<前総型> 自力本願運

<能愛型> 愛慕離別運

「秋田児童事件 容疑者」樹門幸宰による解説

初めて「名前はこう解く」をお読みの方はお読みください。

姓名に潜んだ暗号は祖父母代で発生した隔世遺伝による因果関係である基礎運と 父母代から直接遺伝した影響運で読み解きます。

一般的に「遺伝」というと肉体的な特徴や体質的なものを思い浮かべることでしょうが、遺伝するのは身体的なものだけではありません。 記憶も遺伝するのです。

続きを読む

姓名に潜んだ暗号は祖父母代で発生した隔世遺伝による因果関係である基礎運と 父母代から直接遺伝した影響運で読み解きます。

一般的に「遺伝」というと肉体的な特徴や体質的なものを思い浮かべることでしょうが、遺伝するのは身体的なものだけではありません。 記憶も遺伝するのです。

悔しい、悲しいといった負の感情は、いつまでも消える事なく記憶に残り、魂に深い傷をつけます。 この負の感情、つまりは無念な思いは直接遺伝で子に伝わり、さらに強い思いとなって孫の代へと隔世遺伝し、何とか思いを晴らそうとします。

この隔世遺伝した無念な思いを読み解いたのが基礎運です。そして、基礎運からは戸籍上にはない子供の数まで含んだ、 真の出生順位までもを読み解く事ができます。

基礎運を例に挙げると、生数は同性親系(男性なら父方の祖父、女性なら母方の祖母)、 和数は異性親系(女性なら父方の祖父、男性なら母方の祖母)からの遺伝によるもので、運勢は和数、つまりは異性親系の影響を強く受けます。

なぜなら、祖父母、父母と二代続けて果たせなかった思いを隔世遺伝した孫の代では性を変える事でなんとか成就しようとするからです。

そして、人は父母の感情の記憶も直接遺伝で受け取っています。これが影響運です。 影響運も基礎運同様、生数は同性親系(男性であれば父、女性であれば母) 和数は異性親系(男性であれば母、女性であれば父)からの遺伝によるもので、和数の方の影響が強く出ます。

この占いは因果応報について語っていますが、宗教とは何ら関係がありません。

秋田児童事件の容疑者の女性は、基礎運の和数は「上下型」、 生数は「中順序型(上下系)」です。

まず、彼女の家系の因縁についてお話しいたしましょう。(女性の場合、父方の魂ゆらの隔世遺伝でみます)

彼女の出生順位が長女である場合は、父方の祖父の婿養子境涯で、血系婦の系譜であったものです。

そこで2人の子供を儲けましたが何等かの事情があって離婚して再婚、それで父が誕生しました。 つまり、祖父代が初縁でできた子供の養育義務を怠り、俗にいう捨て子の因縁があり、 「上下型」の彼女が誕生した、という経緯です。

祖父が捨て子した因縁を孫の代が清算しなければならないという因果応報で、孫の代は捨て子や捨てられた子のような境涯になります。 実際、孫である彼女の人生は、いじめられるなど、社会性になじむことができなかったようです。

本来、この運勢型末子相養子相で、結婚した場合、異父姉が2人以上いる人と縁を生じる場合が多いものです。 彼女の魂の出生順位は四女相で、仮に本人が長女の場合、異父姉が3人、末っ子の場合は異父姉が2人いることになります。

いずれにしろ、彼女の家系は、祖父代から4男と4女で家を継続してきたと判断できるのです。 これは “種族保存本能”「系垂の法則」によって、3女までが不要となり、4女でないと家を継続できません。

今回亡くなられた彼女の娘さんの出生順位は、次女相(2女)であり、この“法則”に当てはめると、 血系から“不要”とされたものと考えられるのです。

さらに彼女の姓には「前性型(勝手気まま運)」がつき、 遠いご先祖代(曽祖父母代)ではエゴを貫いて一度は天下を治めた家系、 つまりは先祖が他人を抑圧したという因縁も読み取ることができます。

これは占聖学の統計上、被害者や加害者を生み、代によって加害者か被害者かの立場をかえて相互に繰り返します。

彼女の運勢には“捨て子の因縁”と“人を抑圧してきた家の因縁”が背景にあります。
元来、まじめで実直な性格で大胆な行動力がある運勢型ですが、自分の意向に忠実で、 そのまま行動したら結果的に今回のような悲しい結果を導いたものと考えられるのです。

占い図書館テーマ一覧へ

次の記事へ